忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
株式会社トミーウォーカーが経営する銀雨のキャラクターである星野優輝(b15890)のブログです。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

書くことないので俺の過去のことについてのことを書こうかな。
シリアスあり、ちょっとしたフラグがあります(何

俺は日本海側の県に生まれ、両親と暮らしていた。
ところが両親は俺の幼い頃に亡くなり、祖母が俺を引き取った。
この出来事がまず俺の運命を大きくかえたのだろう。
なんで俺の運命をかえたのかは、前回の家族構成を見ればわかるので省略(笑)
簡単にいえば祖母がとんでもないって人だったということだ(爆)
今思えば祖母は、俺が他の人とは違う何かをもっている素質を見抜いたのかもしれないな。
とはいえ、当時の俺にはそんな素質があることは知るよしもなかった。
俺が能力に目覚めたあの日まで。
今でも忘れたことはない。
そう、あのときは新月の夜のことだった。
部活が終わり、俺と友人の3人で帰る途中だった。
その帰り道のある場所で幽霊が出るという噂が流れたりすることがあったが誰も信じる人なんていなかった。
もちろん俺達も噂であって信じてはいなかった。
そのある場所を横切ったとき、俺は何か嫌な予感が頭によぎった。
その様子に気づいた友人の1人が声をかけようとしたそのときだった。
俺達は目には見えない何かに襲われた。
何が起こったのかわからず俺達は恐怖し、腰を抜かして倒れた。
だが俺は見えない敵に立ち向うために立ち上がった。
そして俺は友人2人に「逃げろ!」と叫んだ。
2人はその言葉で立ち上がり、逃げるようとするがその敵は2人を襲おうとした。
俺は頭よりさきに体が動き、友人を逃がすために無茶にもかばって重症を負ってしまった。
でもその行動は結果的に2人を逃がすことができた。
俺はその攻撃によって仰向けに倒れ、もうだめだと思ったときに
「正義なき力が無力であると同時に力なき正義もまた無力なのですよ」
という師匠である祖母の言葉が脳裏によぎったときだった。
そのときに俺は能力に目覚めた。
…そのあとのことは記憶が無い。
ただ、俺が目覚めたときは自分のベッドで寝ていたということだ。
俺は夢ではないかと思ったが少し体を動かそうとすると体中に痛みがはしり、夢ではないと悟った。

そういえばあの2人とは鎌倉に来てから一度も会ってないな。
まさかその友人がこの学園にいないと思うけど(笑)
PR
≪  36  35  34  33  32  31  30  29  28  27  26  ≫
HOME
Comment
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
パス:
Trackback
この記事にトラックバックする:
≪  36  35  34  33  32  31  30  29  28  27  26  ≫
HOME
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[04/21 優輝]
[04/21 黒山・白児]
[02/15 蒼月]
[02/01 優輝]
[02/01 鹿狩瀬 楓]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
星野優輝
性別:
男性
職業:
高校生
バーコード
ブログ内検索
最古記事
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]